日本語表現科目の授業実践 HPに掲載されました

日本語教師の吉田美登利です。

 

初年次文章表現のクラスの授業実践が、

溝上慎一先生のHPで公開されました。

 

(AL関連の実践)【大学/日本語表現法】「総合力」育成を目指した初年次教育における日本語表現科目

 

2017年度に学習院大学の日本語表現法の授業で

アクティブラーニングに関する質問紙調査を行いました。

(結果はHP内のグラフ)

 

その結果を受けて、2018年度に森朋子先生、本田周二先生が授業見学に

学習院においでくださり、アクティブラーニングの観点から、

授業についてコメントをくださいました。

 

そして、色々な活動のバリエーションのご提案をいただきました。

一番印象に残ったアドバイスは、私が学生に身に付けようとして行っている

あれこれ様々な活動の意図を、適宜細かに学生さんに伝えれば、その方略を

このクラス(=学習院の)学生はうまく自分のものにすることが

出来るだろう、というお話でした。

 

普段、授業に具体的なアドバイスをいただくチャンスは

ほとんどないので、とてもありがたかったです。

調査の協力者の皆様もありがとうございました!

 

日本語表現法の授業、来年度はもっと

パワーアップしてやっていければと思っています。