日本語の授業  映画「君の名は。」と東日本大震災

 

日本語教師の吉田美登利です。

 

「茶道」や「華道」だけが日本文化じゃなくて、

現在進行形で今人気があるものこそ日本文化だよ!

と恩師に教わって以来、

1学期に最低一つは「今流行っているもの」を取り上げています。

 

今学期は『君の名は。』を取り上げました。

 f:id:yoshidamidori:20170118165810j:image

(小2の娘が描いた絵です)

 

私自身は冬休みをの時間を利用して、やっと映画を見に行けたのですが、

学生さんは2人を除いて、クラスのほとんどの人が見ていました。

 

もちろん、見ていない人にも面白くて、日本語の勉強になるような

ネタはないかと思って使ったのがこれ。

新海監督のインタビュー記事です。

 http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/20/makoto-shinkai_n_13739354.html

 

まず、記事を読む前にディスカッションをしました。

 

・異性と入れ替わったら何をしたい?

・前世や運命をを信じる?

・あなたにとっての「かけがえのない日常」とは?

・どうしてタイトルに「。」がある?

・映画を見た人は、どこが良かった?

・多くの外国でも大人気だそうだけど、日本人と自国の人の視点は同じ?

・「中国語のタイトルは『你的名字(あなたの名前)」と疑問文じゃないけど、

 どうして?ほかの言語はどう?

 

面白い意見が沢山出ました。

 

「タイトルの『。』は始めは間違いかと思ったけど、

物語を見てから、ハッピーエンドを意味していると思った」

 

「『君の名は。』が、もし「君の名は?」だったら

中国語も疑問文に訳されていたのでは」

 

というコメントもありました。

 

インタビュー記事の感想は、

 

・「日本人の震災への思いの深さを感じました」

・「今までの新海監督の作品と違ってこの映画がハッピーエンドなのは

 売るためだというような批判も聞いたことがあったけど、

 これを読んで監督の気持ちが良く分かりました。」

・映画を見た人で、このインタビューを読んでいない、特に留学生に

 この記事を見せたいです。きっとこの映画をもう一度好きになります。

 

やっぱり、答えのない問題について話すのは面白いですね。

学生さんの方がいい答えを持っていたりします。