2016年 前期の授業アンケート

 日本語教師の吉田美登利です。

 

この時期の仕事の一つが、集計された学生の授業アンケートにコメントすること。論文の締め切りが過ぎてひと段落したので、届いていた授業アンケートを開けてみると学生さんの温かいコメントが多くあり、ちょっと切なくなってしまいました。(多くの学生さんにはもう会えないので…)

f:id:yoshidamidori:20160906222106j:plain

もちろん、いつも良いことばかりが書かれているわけではない授業アンケート。学生のコメントが全てではないとも言われますが、反省材料に保存しておいて、今までのものと比較をし、何か改善点がないか、どうしてここが伝わらなかったかなどを検討するようにしています。

 

興味深いのは、同じ授業を違うクラスで2つ教えているのですが(同じ曜日の2限と3限)、評価が微妙に違うこと。そして、それは、授業が盛り上がったとか学生さんが楽しんでいたようだ、とかいう私の実感とぴったり当てはまること。

 

授業の進め方や教え方はほぼ同じなのに、その効果は一定ではないんですね。

これは当たり前なのかもしれないですけど、良い方に変えていきたいと思っています。

 

それからアンケート結果のもう一つの特徴は、留学生は数値に甘いこと!?(笑)

みんなが満点をつけてくれるので、

標準偏差が0.000などという結果が出たりします。(ありがとうございます!)

 

f:id:yoshidamidori:20160906222544j:plain

〔本当は5色で構成される円が真っ黒に!〕

 

アンケートのサービス点数に元気をもらい、後期も頑張ることが出来そうです!