2016年 前期の授業まとめ

 

日本語教師の吉田美登利です。

やっと2016年前期の授業が終了しました。

 

最後の授業のコメントシートで、留学生にこんなかわいい似顔絵を描いて いただきました。こちらこそ、ありがとうございます!

(ブログ掲載許可いただきました)

f:id:yoshidamidori:20160809115514j:plain

 

大学1年(日本語母語話者対象)の文章表現クラスは、

「私が大学生をやり直せるなら、こんな授業を受けたい」

という視点で設計しています。

文章力と共に、コミュニケーションの力も伸ばそうと、

ディスカッション中心の「出会い系授業」にしています。

 

クラスのメンバーがとても仲が良くなったせいか

最後の授業では「これで終わりなんて寂しい」という

ことを言って去っていく学生が続出しました。

(私が大学生のときは「最終授業やったー、夏休み万歳!」

だったので、心から尊敬してしまいました…)

 

「いい出会い系の授業でした」というコメント

ありがとうございます。(掲載許可いただいています)

f:id:yoshidamidori:20160809115253j:plain

 

今年度は授業前に「大学教員のためのワークショップ」

(3月9日のブログで紹介済み)で詳しいシラバスの書き方の

指導を受けました。 

 

大学教員のためのFD研修会(ワークショップ)大学授業デザインの方法ー1コマの授業からシラバスまでー 2016年3月7日 - yoshidamidoriのブログ

 

そして、下記を書き加えたところ、

グループディスカッションの質が向上したように思います。 

 

「グループ活動での貢献度については10点満点で評価します(笑顔で相手の話を聞く、話題となる時事問題について積極的に情報を仕入れ準備する、などは加点、作文を忘れて議論が出来ない、自分の意見が「特になし」など、は減点)」

 

意見が「特になし」がダメなのは

当たり前だと思っていましたが、違ったのですね…(苦笑)

 これが減っただけで、話し合いがずっと良くなりました。

 

勿論、コメントシートに批判やご意見をいただくこともあります。

今回は私より年上の学生さんから

「学生は今年から全員が有権者になったのだから、政治で

論点になっているようなものを考えさせてはどうか」

というご提案をいただきました。今後はそのようなテーマも

ぜひ取り扱ってみたいですね。

 

文章表現では、その時に社会で話題になっていることを

取り扱います。今年度扱った5つのテーマのうち

印象深かった2つをご紹介します。

 

■「保育園落ちた日本死ね」のブログと、日本の社会・政治について

 参考資料(その他、自分で探すように指示)

「保育園落ちた日本死ね」と叫んだ人に伝えたい、保育園が増えない理由 | 駒崎弘樹公式サイト:病児・障害児・小規模保育のNPOフローレンス代表

 

このトピックは「乳幼児を持つ女性」だけではなく、

これからの社会を生きていく「若者」 にとって

考えなければならない重要な問題が様々に絡んでいると

思い取り上げました。

でも、男子学生の一部は自分も関わる問題として

とらえるのが難しかったようでした。

 

上記資料の中で「選挙に行かないと(特に若者の)意見が

政治に反映されない 」という点について関心を持った学生が

多かったようでした。ちょうど18歳から投票が可能になったという

社会情勢のせいもあるでしょう。

 

オバマ大統領 広島訪問

戦争の話題は日本語テキストや公的テストではタブーとされています。

授業で、今年初めて取り上げました。(このような難しい話題は

人間関係が出来たころの、授業後半に取り上げることにしています)

 

参考資料(下記以外も探すよう指示、このほかアメリカの教科書の記載などを紹介)

8月6日の記憶 消えてはならない オバマ氏の演説全文 :日本経済新聞

(池上彰の新聞ななめ読み)オバマ大統領の広島演説 難しい翻訳、各紙に違い:朝日新聞デジタル(国外教育機関の翻訳授業の資料にもおすすめ)

 

自分自身の参考資料としてこの本を読みました。

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問

(戦争を論理的に思考するという精神的にハードな本で

読み進めるのに苦労しましたが、良い本です。)

 

日本人学生、留学生共に

「原爆投下について授業で考えることが出来て良かった」

とのコメントをいただきほっとしました。

 

文章表現クラスは半期なのでこれで終わりです。

この夏に帰国してしまう留学生もたくさんいますが、

ここで学んだことや、仲間と楽しく過ごした時間を

今後の大学生活や人生に生かしていってほしいと思います。