読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学生 絵日記の教え方

子どもの学習教材

 

日本語教師の吉田美登利です。

 

小学2年生になった長女ですが、

最近になり頻繁に、日記の宿題が出されるようになりました。

 

私の修士論文と博士論文のテーマは、作文教育でした。

その私に挑戦状を突きつけるかのように?!

長女は作文が苦手…

 

今までの教員生活では、だいたい誰でも、

頑張れば上手になると信じていましたが、

生まれながらに、得手不得手はあるのだと

心から実感…

 

でも、そんな人にも頑張ってもらおうではありませんか!

 

(1)テーマ決め

まずは、子どもと一緒にテーマを決めてあげましょう。

作文が苦手な子は、ここが一番苦手だといえるかもしれません。

 

「ゴールデンウイークは、釣りをしたよね、

庭でダンゴムシ見つけたよね、プールにも行ったよね、

公園で一輪車の練習したよね、…」と出来るだけ列挙。

本人がピンとくるものを自分で選ばせます。

(個人的な好みとして、ありきたりの日常の方が

意外性があり、狭く深い内容になって面白いと思いますが、

初心者にはそこまで要求しません)

 

(2)次に、どんな文章にでも言えるのですが、

最初に何を書くかの計画を立てます。ざっくりと。

 

小1や小2の日記の場合だと、だいたい3、4つの話のまとまり

(段落)を作ります。

 

我が娘は、釣り堀での釣りをテーマにしたので、

テーマに合わせて段落を作らせます。

 

①第一段落

はじめのまとまりでは、

読む人に、だれが、どこで、何をしたか分かるように

説明しようね~

(日記の場合は、日時は別に書くので不要)

だいたい、3行ぐらいかな。

 

②第二段落

2つめのまとまりでは、

一番心にのこったことを書こうね。

嬉しかったこと、びっくりしたこと、

大変だったことは何かな。

ここは中心になる話だから、4,5行ぐらいかな。

 

③第三段落

最後はまとめを書くんだけど、まとめは何がいいかな。

釣りの最後に、さばいて食べたから、その話とかはどう?

のこりは、3,4行ぐらい?

 

(3)ここまで構成を考えさせた後(メモしておいてもよい)で、

  作文の前に絵をかかせます。

 (絵の方が得意な子は、先に絵をかかせます)

 

(4)作文をさせる際は、隣で励ましてあげます。

  段落のはじめを一字下げるところは、隣について必ず指示。

  (日本人大学生でも、うっかりすると忘れる人多し)

  

  そして、文を間違えた場合、教えず、本人に読み返しをさせて

  気づかせます(次の段落に行く前に!)

  言葉や「てにをは」がおかしい場合は、ほかの使い方の例をいくつか出せば

  小学生なら、だいたい理解できますよ。

 

(5)文章が終わった後で、もう一度イラストに戻り、

   内容に合わせ書き足すことはないか検討。

   

   娘は、さばいた際の魚の体が書きたくなり、

   図鑑を見て、内臓を書き足しました。(引用元を明記!)

 

助けているようですが、指導(アドバイス)であり、

代わりにやるわけではありません。

内容は必ず本人に決めさせます。これを繰り返すうちに、

やり方を身に付けて上手になるはずです。

(↑以前の教え子の場合はそうでした。我が子は未確認…)

 

f:id:yoshidamidori:20160508211322j:plain

 

初心者にとっては、短文でも結構時間がかかるものです。

 

バイリンガルのお子さんの日本語家庭教師をしていたことがありますが、

そのお母様は「子どもが真面目にやっていないから

作文の宿題に、こんなに時間がかかるのではないか」

と思われていました。そうでない、ということを私が説明した際の

その子の作文は、インターナショナルスクールのクラスで1番を取ってたな~

と懐かしく思い出したりしました。

 

日記のイラストと言えば、定番はこんな感じじゃないでしょうか。 

f:id:yoshidamidori:20160508211409j:plain

2歳年下、年長の次女のイラストです。

ピンクの子の隣に立っているのは私だそう。

 

実は、釣り好きの私の実力を見て(パパより上手)、

次女は盛んに感心してくれました!

5歳児にでも、褒められると嬉しいものですね~

 

「次は湖の氷に穴をあけて、ワカサギ釣りをしたい!」

と言われました。私もぜひやってみたいです。