おすすめ クリスマスの絵本

 

日本語教師の吉田美登利です。

みなさまクリスマスはいかがお過ごしでしょうか。

 

今日は、我が家にある絵本(幼児向け)を紹介したいと思います。

 

子どもの通う保育園は仏教系!クリスマスソングもサンタクロースも習いません。うちの子たちにも馴染める、日本にマッチしたクリスマス絵本は?と探したのがこの三冊。

 

 

一冊目

サンタクロースと小人たち (マウリ・クンナスの絵本)

サンタクロースと小人たち (マウリ・クンナスの絵本)

これは、フィンランドで出版された本です。翻訳本の中では、宗教色が薄く、サンタさんの日常生活、クリスマスに向けての仕事ぶりが書かれています。どうやってプレゼントが作られているか、小1の娘もジッと読んで想像を膨らませています。クリスマス前に読むと「良い子」に変身します! 1981年原書初版なのにイラストは古めかしくありません。
 
2冊目はこれ
 
1970年に日本で書かれた本。保育士の友人に教えてもらいました。ちょっと日本の昔話の香りがします。美しい自然が印象的な、可愛いうさちゃんの話。子どもがドキドキハラハラな顔をします。
 
3冊目は1966年初版の古典的な絵本。
 
私も幼稚園時代に読みました。サンタさんが、去り際に「では、よい おとしを!」と和風の挨拶をするのが今読むと可愛らしく思います。
 
では、みなさま楽しいクリスマスイブを!