アジサイドライフラワーの簡単な作り方

日本語教師の吉田美登利です。


アジサイが綺麗な季節になってきました。この時期は授業も充実する中盤に入り、学会も多く忙しい季節です。


https://instagram.com/p/3T1EcJjju_/

西洋アジサイ


特に手の掛かることをしなくても毎年その時期になると咲いてくれるアジサイをみると、嬉しくなります。


アジサイのドライフラワーも基本的に放置!で出来てしまいます。


五月の終わりから色づいてきたアジサイを、枝につけたまま枯らします。乾いて硬くドライフラワーのようになっているかが目安です。


私は状態をみながら梅雨明け前ぐらいに切ります。梅雨明け後は日差しで傷んでしまいますので。去年は7月15日に収穫しました。


https://instagram.com/p/3T17TSDjgw/

7月15日


一番上が柏葉アジサイ

下二つがピンクの西洋アジサイ。同じ株ですが、乾燥状態で色が違います。


https://instagram.com/p/3T1_noDjg5/

7月15日


まだ、あまり乾いてない花は、水に数日挿して少しずつ枯らすといいですよ。


こんなドライリースが出来ました。夏休みの9月にやっと時間が出来て作成。西洋アジサイの色はブルーになりました。


https://instagram.com/p/3T2HtPDjhO/

9月4日 西洋アジサイhttps://instagram.com/p/3T2EjBjjhI/

9月4日 柏葉アジサイ



あまり色落ちしないのがアジサイのいいところ。


下のは当時6才半の娘の作品。

咲いてから一年経った2015年6月現在も綺麗な色です。


https://instagram.com/p/3X6hKmjjmt/

1年後


このリースだけ、崩れ防止にスプレーニスを塗っています。スプレーニスは100均で買えますよ!


ドライフラワー作り3年目、今年も挑戦してみようと思っています。