本のレビュー

場面緘黙に関する本④ マンガ『かんもくって何なの?!』

日本語教師の吉田美登利です。 場面緘黙に関する本レビュー4冊目は 漫画『かんもくって何なの?!』を 紹介したいと思います。 かんもくって 何なの!?: しゃべれない日々を脱け出た私 作者: モリナガアメ,加藤哲文 出版社/メーカー: 合同出版 発売日: 2017/0…

レベル差がある学部留学生におすすめの日本語テキスト

日本語教師の吉田美登利です。 今学期、学部留学生にはこちらのテキスト 『ロールプレイで学ぶ中級から上級への日本語会話』 を使っています。 新版 ロールプレイで学ぶ 中級から上級への日本語会話 作者: 山内博之 出版社/メーカー: 凡人社 発売日: 2014/12…

場面緘黙の本のレビュー③マンガ『私はかんもくガール』

日本語教師の吉田美登利です。 ことば、とは何のために学ぶかと聞かれると コミュニケーションのため、と今までは考えていました。 でも、緘黙関係の本を読むと、 「はっきりと自分の意思を伝えるため」 「Noを言えるようになるため」 と感じてしまいます。 …

場面緘黙の本レビュー②『なっちゃんの声 学校で話せない子供たちの理解のために』

日本語教師の吉田美登利です。 昨日に続いて、場面緘黙(選択制緘黙)の お勧めの本を紹介したいと思います。 小学生や、小学校、幼保の先生向けにお勧めなのは この本です。 『なっちゃんの声 学校で話せない子供たちの理解のために』 なっちゃんの声ー学校…

「場面緘黙」 おすすめの本 ① 一番お勧めはこれ

日本語教師の吉田美登利です。 今日から何回かに分けて「場面緘黙」に関するおすすめの本を 紹介していきたいと思います。 「場面緘黙(選択制緘黙)」というのは、話す能力があり、 家などでは話すことが出来るのに、 園や学校などのある場面では、うまく話…

小2の教科書「わたしはおねえさん」の原作、「わたしはすみれシリーズ」のレビュー 

日本語教師の吉田美登利です。 小2と年長の子供たちが今はまっている本 「わたしはすみれシリーズ」 これは教科書の教材「わたしはおねえさん」の元のお話です。 教科書は書き下しだそうです。 家では予習として、教科書の原作を読ませることにしています。 …

ブックレビュー 『日本の若者はなぜ希望を持てないのか』

日本語教師の吉田美登利です。 関東地方はちらほら桜も咲きだしました。 鈴木賢志(2015.11)『日本の若者はなぜ希望を持てないのか』草思社 複雑な分析をしているのでしょうけれど、結果のデータを どんな読者にも分かりやすいシンプルなグラフや表で表し…

おすすめ クリスマスの絵本

日本語教師の吉田美登利です。 みなさまクリスマスはいかがお過ごしでしょうか。 今日は、我が家にある絵本(幼児向け)を紹介したいと思います。 子どもの通う保育園は仏教系!クリスマスソングもサンタクロースも習いません。うちの子たちにも馴染める、…

漫画レビュー『フイチンさん』 の満州ピジン中国語

日本語教師の吉田美登利です。 今日ご紹介したいのは、マンガ『フイチンさん』。 昭和30年代に、日本の少女の間で大人気だったというマンガです。 戦前のハルピンが舞台という事で興味を持ち、 以前、映画化された時(2004年)に、劇場に見に行きました。 …

ブックレビュー 『犬に本を読んであげたことある?』

日本語教師の吉田美登利です。 図書館の子どもの本のフロアで借りた次の本を、今日は紹介したいと思います。 今西乃子(2006)『犬に本を読んであげたことある?』講談社 犬に本を読んであげたことある? 作者: 今西乃子,浜田一男 出版社/メーカー: 講談社 …

日本語話者に不思議な中国の漢字?(ハルピンの旅、番外編)

日本語教師の吉田美登利です。 今回はハルピンの旅の番外編として、中国の面白漢字を取り上げたいと思います。 私は中国語を習ってから中国に行ったので、あまり不思議に感じたことは少なかったのですが、日本から来たお客さんが「あれ何?」と 質問するのを…

出産祝いに「鳥さんケーキキャンドル」

私の住んでいる相模大野はすっかり初夏。次女が通っている保育園では小さな園庭に植えてあるサクランボ(佐藤錦)を収穫して食べているそうです。私が一番好きな食べ物はサクランボなので、とても羨ましいです。 親戚の出産祝いに、キャンドル作家の友人にケー…