読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語の授業  映画「君の名は。」と東日本大震災

日本語教師の吉田美登利です。 「茶道」や「華道」だけが日本文化じゃなくて、 現在進行形で今人気があるものこそ日本文化だよ! と恩師に教わって以来、 1学期に最低一つは「今流行っているもの」を取り上げています。 今学期は『君の名は。』を取り上げま…

イマドキの日本語 子ども編「あけましておめれとう!」

日本語教師の吉田美登利です。 皆様、あけまして おめでとうございます。 2017年が、世界中の皆様にとって 良い年になりますように。 (江の島から見た富士山です。) ところで「おめでとう」という言葉、 6才の次女には「おめれとう」と聞こえるそうで、 年…

2016年後期の留学生授業まとめ(「旧伊藤博文金沢別邸」見学→歴史の授業)

日本語教師の吉田美登利です。 あっという間に一年が終わります。 色々なことに挑戦した分、失敗も多かったけれど、周りの人に恵まれ、 とても良い一年でした。 大みそかの今日、2016年後期の留学生の授業を、 年内分だけまとめておきたいと思います。 (1)…

お正月のあそび  羽子板(はごいた)

日本語教師の吉田美登利です。 今年は、留学生クラスで使おうと思って、 羽子板を買いました。 まず、近所で子どもたちと遊んでみました。 お正月の遊びでは、 「凧(たこ)」「こま」をやる姿はよく見かけます。 でも、意外と羽子板をやっている人は少ない…

小2の教科書「わたしはおねえさん」の原作、「わたしはすみれシリーズ」のレビュー 

日本語教師の吉田美登利です。 小2と年長の子供たちが今はまっている本 「わたしはすみれシリーズ」 これは教科書の教材「わたしはおねえさん」の元のお話です。 教科書は書き下しだそうです。 家では予習として、教科書の原作を読ませることにしています。 …

毎年恒例 ノーベル賞の記事の読解

日本語教師の吉田美登利です。 金沢八景キャンパスの上級クラスで 今年もノーベル賞関連の記事を読みました。 国によっては、日本ほど大きなニュースにならない、 ということもあり「そんなに興味がない」という学生さんも多いのですが、 私の夢である「学生…

椅子取りゲームで、日本語の勉強

日本語教師の吉田美登利です。 今年度から4学期制になったすずかけ台キャンパスでは、3クオーターが今日から始まりました。 久しぶりだったせいか みんな、日本語を忘れていました… 元気を出してもらおうと、連体修飾語の練習で「椅子取りゲーム」をしました…

2016年 前期の授業アンケート

日本語教師の吉田美登利です。 この時期の仕事の一つが、集計された学生の授業アンケートにコメントすること。論文の締め切りが過ぎてひと段落したので、届いていた授業アンケートを開けてみると学生さんの温かいコメントが多くあり、ちょっと切なくなって…

小学生 絵日記の教え方 ② 夏休みの絵日記の書き方

日本語教師の吉田美登利です。 夏休みに入って以来、2016年5月8日に書いた 「小学生 絵日記の教え方」 yoshidamidoriのブログ へのアクセスが増加しています。 この夏は、小2の長女が2編の絵日記を 書きましたので、その際に気づいた 教え方のポイントを書…

2016年 前期の授業まとめ

日本語教師の吉田美登利です。 やっと2016年前期の授業が終了しました。 最後の授業のコメントシートで、留学生にこんなかわいい似顔絵を描いて いただきました。こちらこそ、ありがとうございます! (ブログ掲載許可いただきました) 大学1年(日本語母語…

「虫」がつく虫、つかない虫

日本語教師の吉田美登利です。 昨日、自転車の後ろの座席に年長の娘を乗せて 走っていた時に、後ろから質問をされました。 「ねえ、どうして名前に虫ってつく虫と つかない虫がいるの?」 「うーん、いい質問だね!」と言いながら ドキッとしてしまいました…

小学校低学年 効率的な家庭学習のコツ(主に国語)

日本語教師の吉田美登利です。 仕事柄、子どもの教育や語学教育について良く質問を受けます。 例えば「幼児に英語を学ばせたいのだけど、睡眠学習はどうか?」とか。(笑) (→悪影響しかないので、それは止めましょう!) 小1の息子さんがいる親戚に、家庭…

6才 誕生日ケーキ

日本語教師の吉田美登利です。次女の誕生日にケーキを作りました。スポンジを買ってきて、真ん中にバナナを挟み、上をデコレーションしただけの簡単なケーキです。次女のリクエストは数字の6と、6月風物詩のカタツムリ。横から見るとカタツムリになるように…

奨学金の読み方は、しょうがっきん?

日本語教師の吉田美登利です。公費留学生が多い職場のある大学で、良く聞かれる質問があります。それは、テキストにある奨学金の読み仮名「しょうがくきん 」を見て「しょうがっきん」じゃないですか?というもの。同じ関東地方でも 他の大学の学生や教員が…

食べまきハッサク2年で開花!

日本語教師の吉田美登利です。 忙しい日々のささやかな楽しみ、食べまき。長女が保育園の最終日に持ち帰ったハッサクが初開花しました。ティッシュに包まれていたあの硬かった種から、花が咲いたと思うと感慨深いものがあります。我が家では、子どもが植えた…

日本語の「ありがとう」と「どういたしまして

日本語教師の吉田美登利です。大学院留学生の初級学習者からこんなことを聞かれました。「日本人は『どういたしまして』という言葉をあまり使いませんか」研究室でのこと。指導教授の頼まれ事をしてお礼を言われた時の日本人学生の返事がみんな「いえいえ…」…

小学生 絵日記の教え方

日本語教師の吉田美登利です。 小学2年生になった長女ですが、 最近になり頻繁に、日記の宿題が出されるようになりました。 私の修士論文と博士論文のテーマは、作文教育でした。 その私に挑戦状を突きつけるかのように?! 長女は作文が苦手… 今までの教員…

ビオラの誕生日ケーキ

日本語教師の吉田美登利です。8才になった長女の誕生日ケーキを、5才の次女と作りました。庭に咲いているビオラで8と書きました。「私の誕生日に5って書いてもらったから、8って書いてあげるの〜」と言っていました。ビオラは少しミントに似たような味がしま…

留学生クラスの歌の授業 花束を君に♬

日本語教師の吉田美登利です。留学生クラスでたまにやっている歌の授業。今日は宇多田ヒカルさんの「花束を君に」を聞きました。この歌、とても留学生の評判が良かったです。歌詞も曲も声も素晴らしい!と。歌詞の意味の解釈には、正解はありませんから、そ…

ブックレビュー 『日本の若者はなぜ希望を持てないのか』

日本語教師の吉田美登利です。 関東地方はちらほら桜も咲きだしました。 鈴木賢志(2015.11)『日本の若者はなぜ希望を持てないのか』草思社 複雑な分析をしているのでしょうけれど、結果のデータを どんな読者にも分かりやすいシンプルなグラフや表で表し…

JSL漢字学習研究会 2016年2月20日

日本語教師の吉田美登利です。 2月に参加した漢字学習研究会のメモを下にまとめたいと思います。 3人の方のご発表がありました。 ①徳弘康代先生 ・日本語の2拍の漢字音の2拍目は「ン、ウ、イ、チ、ツ、キ、ク」の7種類。 「ン」は撥音、「ウ」は調音であ…

大学教員のためのFD研修会(ワークショップ)大学授業デザインの方法ー1コマの授業からシラバスまでー 2016年3月7日

日本語教師の吉田美登利です。 職場の東工大大岡山キャンパスで開かれたワークショップ 「大学授業デザインの方法」に行ってきました。 日本教育工学会―ワークショップ 反転授業形式になっていて、 事前学習のビデオが4本と確認テストがありました。 はじめ…

一年後の自分への手紙

日本語教師の吉田美登利です。大学2年生の留学生クラスでは毎年最後の授業で「1年後の自分」に手紙を書いています。未来の自分に向かって手紙を書くこの活動。始めてからもう10数年ぐらいになります。学生さん自身が書いた手紙に加え、私の手紙も同封します。…

美味しい、簡単♪ オラフパンの作り方

日本語教師の吉田美登利です。今日は旧暦のお正月。日が長くなり、すっかり春めいてきました。台湾の被災地にも早く穏やかな新年が訪れますように。春節なので餃子を食べたいところですが、餃子作る時間を作れず…以前に作ったパン作りをメモしたいと思います…

ニュースで学ぶ英会話「‘‘子ども食堂’’の現状報告会」 のレビュー

日本語教師の吉田美登利です。 語学番組を見ても 外国語は全然上達しませんが(涙)、 教え方の情報収集と娯楽のために あれこれ語学番組を見ています。 今週のNHK「ニュースで英会話」では 「“子ども食堂”の現状報告会」 という国内ニュースがトピックでし…

日本語の歌 聞き取りの授業

日本語教師の吉田美登利です。 我が家のスノードロップの予報通り、開花2日後に雪が降りました。 留学生のクラスでは、たまに歌を 教材にします。今日はクマムシの 「あったかいんだからぁ♪」と 西野カナの「トリセツ」。 歌詞が聞き取りやすく、 ストーリ…

お正月らしい授業に カルタと百人一首

日本語教師の吉田美登利です。お正月明けは4日から授業でした。時間を作って、ことわざカルタと百人一首をやりました。ことわざは、分かりやすいカード、例えば「鬼に金棒」「蛙の子は蛙」など8つほど選んで意味の紹介をしてから、五十音全てのカードを使っ…

霜が降りた朝

日本語教師の吉田美登利です。昨日の朝のすずかけ台キャンパス。真っ白な霜が降りていました。南から来た学生さんにとっては初霜だったでしょう。みんな写真を撮っていました。せっかくなので漢字の学習。我が家のスノードロップ。もう少し咲き揃う頃、毎年…

ジンジャークッキー作り と お正月準備

日本語教師の吉田美登利です。週に一度は子どものリクエストでお菓子を作っています。5歳の次女が幼児雑誌で見つけたジンジャークッキーのレシピ。「美味しそう、作りたい!」こう言っていつも始まります。しょうがないので、週末はお菓子デーに。型抜きクッ…

おすすめ クリスマスの絵本

日本語教師の吉田美登利です。 みなさまクリスマスはいかがお過ごしでしょうか。 今日は、我が家にある絵本(幼児向け)を紹介したいと思います。 子どもの通う保育園は仏教系!クリスマスソングもサンタクロースも習いません。うちの子たちにも馴染める、…

2015年の私の漢字

日本語教師の吉田美登利です。留学生クラスで毎年、年末に「今年の流行語」「今年人気の赤ちゃんの名前」「今年の漢字」「年賀状の書き方」を扱います。みなさんにとっての「今年の漢字」は何でしょうか。 手前の「爱」は、愛の簡体字(中国語)です。台湾、香…

「にせ科学(えせ科学、疑似科学)」を見つける授業

日本語教師の吉田美登利です。 3月に東工大でこの講演を聞きました。 www.titech.ac.jp 脳科学にはニセ情報がいっぱいあるというお話。 聞いてみて、やっぱりそうなんだと思いました。 以前の脳トレブームで脳トレが「簡単な計算や漢字書き取りのほうが、高…

「青年海外協力隊発足50周年記念式典」に参加してきました

日本語教師の吉田美登利です。 17日にパシフィコ横浜で行なわた「青年海外協力隊50周年記念式典」に参加してきました。 協力隊というと日本では「アフリカで井戸を掘る人」というようなイメージがありますが、私も1999年から2001年にかけて隊員として中国の…

足袋(たび)ってなあに?

日本語教師の吉田美登利です。日曜日は長女の七五三でした。長女はお店で着付けをしてもらい、私と5歳の次女は私が着付けをしました。次女は、洋服を着せるつもりでした。でも、私が習っている着付けの先生に、三歳の七五三で着た被布(ひふ)を着せたら?と提…

大学時代の写真を撮って、残しておこうよ。

日本語教師の吉田美登利です。先週は課外活動で出かけてきました。紅葉が美しいシーズンで、みんなで楽しい時間を過ごしました。大学生活は意外と単調で、ちょっとしたイベントって貴重なものです。後から思い返したら、きっと良い思い出になるでしょう。最…

「あかんぼうがいる!」

日本語教師の吉田美登利です。 長女ほどではありませんが、 5歳の次女もまだまだ面白い日本語を話してくれます。 ハロウィンで出かけた公園で「あかんぼうがいる!」 「赤ん坊だ」なんて渋い日本語使うなぁ。絵本で覚えたのかしらと思ったら… なんとアメンボ…

体育の日も授業!

日本語教師の吉田美登利です。最近、大学は授業日数確保のため、祝日にも授業があることがあります。今日は体育の日だから…、とスポーツウェア(多分日本代表のユニフォーム?)を着て、授業をされていた先生がいらっしゃいました。(日本人の英語の先生です。…

読解課題 ノーベル賞の季節

日本語教師の吉田美登利です。今日の留学生の読解素材。ここ最近は毎年のようにノーベル賞受賞の記事を扱えて嬉しいです。私の夢は、教え子の学生さんがノーベル賞を取ること!毎年、授業で言っていますが…長生きしなきゃですね。

漫画レビュー『フイチンさん』 の満州ピジン中国語

日本語教師の吉田美登利です。 今日ご紹介したいのは、マンガ『フイチンさん』。 昭和30年代に、日本の少女の間で大人気だったというマンガです。 戦前のハルピンが舞台という事で興味を持ち、 以前、映画化された時(2004年)に、劇場に見に行きました。 …

ブックレビュー 『犬に本を読んであげたことある?』

日本語教師の吉田美登利です。 図書館の子どもの本のフロアで借りた次の本を、今日は紹介したいと思います。 今西乃子(2006)『犬に本を読んであげたことある?』講談社 犬に本を読んであげたことある? 作者: 今西乃子,浜田一男 出版社/メーカー: 講談社 …

日本語話者に不思議な中国の漢字?(ハルピンの旅、番外編)

日本語教師の吉田美登利です。 今回はハルピンの旅の番外編として、中国の面白漢字を取り上げたいと思います。 私は中国語を習ってから中国に行ったので、あまり不思議に感じたことは少なかったのですが、日本から来たお客さんが「あれ何?」と 質問するのを…

印象に残った発表   「2015異文化コミュニケーションと日本語教育国際シンポジウム」 黒竜江大学

日本語教師の吉田美登利です。 随分時間が経ってしまいましたが、先日のシンポジウムの発表のまとめを 忘れないうちに書いておきたいと思います。 まず、このシンポジウムの面白かったところは、 中国人日本語学習者に特化した研究発表がメインだったことで…

子連れ中国 ハルピンの旅

日本語教師の吉田美登利です。 自分か変わると、世の中が違って見えるように 子どもがいてもまた、今まで見えなかった世界が見えてきます。 子ども達にとって初めての飛行機、初めての海外になった ハルピンの旅を「子連れの旅」という視点でまとめたいと思…

一番うれしかったこと & 2015年8月のハルピンの写真

日本語教師の吉田美登利です。 記憶が新しいうちに、今回のハルピンの滞在について まとめておきたいと思います。 まずは一番うれしかったこと。 これは、思いがけずに多くの教え子に会えたことでした。 私の協力隊の任期は99年から01年までだったので、14年…

ハルピンで学会発表をしてきました。

日本語教員の吉田美登利です。 2015年8月29日~30日に中国ハルピンにある黒竜江大学で 行われた「異文化コミュニケーションと日本語教育国際シンポジウム」 でポスター発表をしてきました。 タイトルは「中・上級学習者のひらがな・カタカナ表記の問題点とそ…

12年ぶりのハルピン

日本語教師の吉田美登利です。昨日の夜、遅くにハルピンに到着しました。この街は私がいた1999年〜2001年も大きく変わりましが、その後またすっかり発展して余りの違いに最初はめまいがするほどでした。知っている場所が、オフィスビルや高層マンションに変…

小1左利きの「夏休みの書道の宿題」

日本語教師の吉田美登利です。 29日、30日に中国黒竜江大学で開催される 「2015異文化コミュニケーションと日本語教育国際シンポジウム」 にこれから行ってきます。 「中上級学習者のひらがな・カタカナ表記の問題点とその指導」 というタイトルでポ…

キアゲハの羽化

日本語教師の吉田美登利です。海外出張前に、自分の仕事と子どもの宿題を終わらせることに忙しいここ最近。7匹目の蝶が夜にも関わらず、羽化しました。スマホでも結構綺麗に撮れます。まだ羽が乾く前。蛹の色がシマシマになって、バタバタ動いていると思った…

日本人より日本語がうまい?!

日本語教師の吉田美登利です。 今月末にハルピンの学会で 久しぶりに昔の同僚の中国人の先生方に会います。 そのうちの一人の先生はもう定年退職されて 学会には行かない(中国ではリタイア後は参加しないのが 一般的なのだそうです)そうなので、ご自宅にお…

旅行で学ぶ漢字?!

日本語教師の吉田美登利です。 やっと期末テストの採点も終わり、学会発表原稿や、投稿論文に本格的に取りかかれるようになりました。 今月末に、以前勤めていた中国の黒龍江大学で開かれる日本語教育のシンポジウムに参加します。 ゆっくり滞在したいので…